新郎新婦、入場!

結婚式二次会幹事の司会・余興テクニックを教えます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
nyuuzyou.jpg
新郎新婦の入場は、2次会のスタートを飾る重要なイベントです。単に入場と言ってもいろいろなバリエーションがあります。


・プロフィールビデオなどを上映してからの入場
・キャンドルサービスしながらの入場
・予想とは違う場所からの入場
・その他変わった入場




幹事と新郎新婦とお店とが、しっかりと連携して2次会のいいスタートを切れるように入念に準備をしましょう。
【①新郎新婦に聞いておくこと、打ち合わせしておくこと】
・2次会会場の到着時間は何時くらいになるか
・到着の連絡は誰にするのか
・待機場所は(着替えの場所)
・どんな入場方法か(プロフィールビデオなどを流してからの入場か)




【②お店と話し合っておくべきこと】
・BGM、照明のタイミング
・トーチ棒の用意、新郎新婦の誘導(キャンドルサービスしながらの入場なら)




【当日のトラブル対応】
・時間が来たが人数が揃っていない
⇒2次会出席者で、来場していない人がたくさんいる場合は、やむを得ず入場を遅らせることもひとつです。遅らせることができる時間は、最大でも10分だと思います。遅らせる際は、マイクでその案内と、その時間を飽きさせない工夫が必要です。




【これができれば名幹事!】
・受付をしてくれている数人にも入場前に声をかけて、できるだけ出席者全員で新郎新婦を迎えられるようにしましょう
・入場の前に簡単な幹事の自己紹介をしましょう。
⇒『幹事を務めさせていただきます、〇〇と言います。本日はよろしくお願いします。』とひとこと言うだけで、あなたを知らない人もあなたに親近感が出ます。会場もあなたも気持ちがほぐれて、そのあとの進行が楽になると思います。あまり硬くなりすぎないように言うのも大切です。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kekkonnaite99.blog.fc2.com/tb.php/7-d3372991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。