赤字にならないために、ドタキャン対策! @結婚式二次会幹事メモ

結婚式二次会幹事の司会・余興テクニックを教えます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ごめん、急な仕事が入って今日の二次会、どうしても行けない。新郎新婦と幹事には本当に申し訳ない。』
a0001_013579.jpg
『ドタキャン』 - 2次会が赤字になってしまう原因として一番多いのは、これにつきると思います。





50人参加者がいれば、当日どうしても参加できない人が1,2人くらいは出る可能性は十分あります。


それは当日体調を崩してしまった人だったり、その理由はさまざまです。実際の私の経験なのですが、参加者の中には参加すると返事しておきながら2次会自体を忘れていた人もいました。


当日はもちろんですが、2,3日前に最終の予約人数が決定し、それ以降変更のきかないお店もあります。
飲食代がひとり5000円の会場なら、ドタキャンひとりにつき5000円の赤字です。
せっかく幹事が頑張ってコストを切り詰め、たくさんの景品の中からより安くていいものを選んだのに、参加者ひとりのドタキャンで水泡のごとくその努力は消えてしまうのです。


幹事を経験したあなたは、これから参加する2次会では、このことを頭の片隅においてあげてください。


ちなみに、赤字になる確率を下げる方法はあります↓↓↓
ぜひ実践して下さい。
【対策!】
・会場の最終人数を、予定より3~5人少なく予約しておく。ドタキャンがなかった場合は、その3~5人は当日参加したものとしてお店に報告する。






赤字になってしまうと、赤字分を新郎新婦に報告するのも少し気が引けるというものです。赤字を幹事で折半するのも、少ししこりが残ってしまうかもしれません。
カッチリと対策をして、楽しい一日で終われるようにしましょう。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kekkonnaite99.blog.fc2.com/tb.php/23-e8971216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。