パーティ中盤以降の時間調整 @結婚式二次会幹事メモ

結婚式二次会幹事の司会・余興テクニックを教えます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
a0001_014214.jpg
ゲーム大会や余興の後に歓談時間(フリータイム)を設けておくと、もし時間が長引いてしまったときに時間調整ができるのでいいと思います。


いよいよ2次会もおわりが近づいてきたところで、この歓談時間を使って幹事がぜひしたいのが『お金の計算』と、『撤収準備』です。


なぜこのタイミングなのかというと、この歓談時間を過ぎると、あとは2次会の終了までイベントが続いて進行することになるからです。


集まった会費から、参加人数分の飲食代やウェディングケーキ代などの会場にかかったお金を引いて、そこから幹事が出し合った経費、景品代金を差し引き計算すると残金が出ます。


■計算上、大丈夫だから別にお金をあらためなくていいよ…と思っているそこの幹事さん!2次会はイレギュラーなことが本当に起こります。幹事の誰かが会費を払うのを忘れていたり、受付の人がお釣りを間違えて渡してしまっていたり…支払いの時にハッとするよりも、この段階で計算しておけば、対処できると思います。




重要視したいのは、『2次会が終わった後、スムーズに幹事も解散できるようにすること』なのです。




撤収準備をしておくのも同じ理由です。ゲーム大会の荷物などをすぐ持って帰れるようにまとめておきましょう。出たゴミもまとめて、お店が一緒に片づけてくれるかもしれないので聞いてみましょう。




この時間を有効活用して、スマートな幹事を目指しましょう!
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kekkonnaite99.blog.fc2.com/tb.php/22-2eb00545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。